治療事例

戻る
タイトル

COVID19ワクチンの後遺症と疑われる男性多発性円形脱毛

作成者 イ・ムンウォン韓方クリニック(ip:)

閲覧数 332

評点 5点  

おすすめ いいね

内容


年代 / 性別 : 30代 / 男性

症状と診断:新型コロナワクチン接種後、突然髪の毛が抜け始め、多発性円形脱毛が生じたそうです。 また、左眉も一部抜けていました。 甲状腺疾患や糖尿、貧血、出血などの他の疾患や症状はなく、ストレスは普段から多かったそうです。 診察の結果、自己免疫性円形脱毛症と診断し、治療を開始しました。

最初の予想治療期間:約10ヶ月~1年

実際の治療期間:2022年5月~2022年12月

治療方法:1日3回飲む薬(シロップ)、毛髪栄養剤、1日1回頭皮にかける薬(RH-2)、週1回再生治療(または薬針治療)。



添付ファイル

パスワード
修正

パスワードを入力後、修正又は削除をしてください。

コメント一覧

登録されたコメントがありません。

コメント修正

お名前

パスワード

内容

/ byte

修正 キャンセル
パスワード
確認 キャンセル
コメント入力

お名前

パスワード

半角英字(大文字・小文字)/数字/特殊文字のうち、2種類以上の組み合わせで10~16文字

内容

/ byte

評点

会員にのみ、コメントの作成権限があります。